安全運転管理者制度

安全運転管理者とは

一定台数の自動車の使用者は、自動車の安全な運転に必要な業務を行わせるため、その使用の本拠ごとに、安全運転管理者等を選任しなければなりません。

乗車定員が11人以上の自動車にあっては1台、その他の自動車にあっては5台以上。
自動二輪車(原動機付自転車を除く)は1台を0.5台として計算。

 
自動車(台) 1~9 10~19 20~29 30~39 40~49
副安全運転管理者(人)


安全運転管理者等の選任基準


■ 安全運転管理者
(運転代行業法第19条の読替えて適用する道路交通法第74条の3第1項)

自動車運転代行業者は、その自動車運転代行の営業所ごとに、年齢、自動車の運転の経験その他について内閣府令で定める要件を備える者のうちから、安全運転管理者を選任しなければならない。

■ 副安全運転管理者
(運転代行業法第19条の読替えて適用する道路交通法第74条の3第1項)

安全運転管理者の業務を補助させるため、その運転代行業の営業所ごとに、年齢、自動車の運転の経験その他について内閣府令で定める要件を備える者のうちから、副安全運転管理者を選任しなければならない。

安全運転管理者の要件

■ 安全運転管理者
① 20歳(副安全運転管理者が置かれることとなる場合にあっては30歳)以上の者であること。
② 自動車の運転の管理に関し2年(公安委員会が行う教習を終了した者にあっては、1年)以上の実務経験を有する者又は自動車の運転の管理に関しこれらの者と同等以上の能力を有すると公安委員会が認定した者であること。
③ 道路交通法第74条の3(運転代行業法19条の読替え規定を含む)の規定による命令により解任された者は、解任の日から2年を経過していること。
④ 過去2年以内に次の違反行為をしたことのない者

ひき逃げ

酒酔い運転、酒気帯び運転、飲酒運転に関し車両等を提供する行為、酒類を提供する行為、依頼又は要求して同乗する行為、麻薬等運転、無免許運転

【酒酔い運転、酒気帯び運転、過労運転、麻薬等運転、無免許・無資格運転、最高速度違反、積載制限違反、放置駐車違反】の下命・容認違反

自動車使用制限命令違反


■ 副安全運転管理者
① 20歳以上の者
② 自動車の運転の管理に関し1年以上の実務経験を有する者、自動車の運転の経験の期間が3年以上の者又は自動車の運転の管理に関しこれらの者と同等以上の能力を有すると公安委員会が認定した者であること。
③ 道路交通法第74条の3(運転代行業法第19条の読替え規定を含む。)の規定による命令により解任された者は、解任の日から2年を経過していること。
④ 過去2年以内に次の違反行為をしたことのない者

ひき逃げ

酒酔い運転、酒気帯び運転、飲酒運転に関し車両等を提供する行為、酒類を提供する行為、依頼又は要求して同乗する行為、麻薬等運転、無免許運転

【酒酔い運転、酒気帯び運転、過労運転、麻薬等運転、無免許・無資格運転、最高速度違反、積載制限違反、放置駐車違反】の下命・容認違反

自動車使用制限命令違反





辻行政書士事務所は、法人設立、許認可申請、権利義務・事実証明に関する書類の作成及び提出代行をサポートしております。
当サイトが提供するコンテンツ(情報等)に関しては万全を期してはおりますが、 その内容の全てをを保証するものではありません。

万が一これらの内容を、各人の判断で使用したことにより損害を被った場合には、当事務所では一切責任を負いません。


Copyright© 2003~2012 辻行政書士事務所 All Rights Reserved.