遺産分割協議書

遺産分割協議


相続人が2人以上いる場合、遺産分割は一切の権利・義務を相続分に応じて分割し共同相続することになります。(遺言が残されなかったとき)

遺産の共同状態を解消して、個々の財産を各相続人に分割するように相続人全員の相談で内容を決める手続きが遺産分割です。
(遺産分割協議は、相続人全員でしなければなりません。)

また、遺産分割の内容は、相続人全員の合意があれば、必ずしも法定相続分どおりにする必要はありません。

遺産分割の方法


遺産分割協議において、だれが何をどれだけ相続するかということを決めます。
遺産分割の方法 内容
     
現物分割 相続財産を、あるがままのかたちで分割する方法 全部を共有、
「この土地はAのもの」「この建物はBのもの」と現状のまま、相続人間で決める方法です。
     
代償分割 相続財産の全部または一部を現物で、相続人中の一人または一部の者に取得させ、財産をもらう代わりに自分の財産を代償金として支払う方法 相続人間で、 相続分の差を補うために、少ない者に対してその分のお金を渡したりする方法です。
     
換価分割 相続財産の一部、又は全部を売却して、そのお金を分配しする方法 相続財産の一部、又は全部を売却して、現金に換えて相続人間で分割する方法です。

Copyright© 2003~2012 辻行政書士事務所 All Rights Reserved.