相続分 指定相続分

指定相続分

指定相続分とは、被相続人は遺言で共同相続人の相続分を定め、または、相続分を定めることを第三者に委託することができることをいいます(902条1項本文)。

被相続人や第三者は相続分の指定について遺留分に関する規定に違反することができません。

なお、指定相続分は、法定相続分より優先して適用されます。

 ► 法定相続分  ► 指定相続分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。