相続分 法定相続分

法定相続分

遺言書がない場合(相続分の指定がない場合)は、民法に定められた相続分が、それぞれの相続分となります。

誰が相続人になるかによって、法定相続分の割合が変わります。
法定相続分の割合
配偶者のみの場合 配偶者と子が
相続人の場合
配偶者と直系尊属が
相続人の場合
配偶者と兄弟姉妹が
相続人の場合
       
 配偶者・・・全部 配偶者・・・2分の1、
子・・・2分の1
配偶者・・・3分の2、
直系尊属・・・3分の1
配偶者・・・4分の3、
兄弟姉妹・・・4分の1
       
  子が数人いる場合は、人数で割って分けます。 父母と養父母の区別なく、人数で割って分けます。 兄弟姉妹が数人いる場合は、人数で割って分けます。
ただし、その中に被相続人の父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹が いる場合には、その人(非嫡出子)の相続分は父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。
 ► 法定相続分  ► 指定相続分

Copyright© 2003~2012 辻行政書士事務所 All Rights Reserved.