相続放棄

相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がないことを相続放棄といいます。

相続放棄は自己のために相続があったことを知ったときから3ヶ月以内に,家庭裁判所にその旨を申し出なければなりません。(民法938条)

相続放棄をした場合、その放棄をした相続人は、はじめから相続人ではなかった ものとみなされます。

相続の放棄の申述
申述人 相続人

申述先 被相続人の最後の住所地の家庭裁判所

申述に必要な書類 相続放棄の申述書1通
申述人の戸籍謄本1通
被相続人の除籍(戸籍)謄本,住民票の除票各1通

申述に必要な費用 申述人1人につき収入印紙800円
連絡用の郵便切手
(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。)

※事案によっては,このほかの資料の提出を求められることがあります。


相続人が,自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に相続財産の状況を調査してもなお,相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には,申立てにより,家庭裁判所はその期間を伸ばすことができます。

► 単純承認

► 限定承認

► 相続放棄

Copyright© 2003~2012 辻行政書士事務所 All Rights Reserved.