限定承認

相続開始を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出て、借金などのマイナスの財産は、相続するプラスの財産の範囲内に限定して相続する制度です。

また、限定承認する場合の家庭裁判所への申述は、相続人全員の同意でなければなりません。

申述人 相続人全員が共同して行う

申述先 被相続人の最後の住所地の家庭裁判所

申立てに必要な書類 相続の限定承認の申述書1通
申述人の戸籍謄本1通
被相続人の戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本(出生から死亡までのすべての戸籍謄本),住民票の除票各1通
財産目録1通

申立てに必要な費用 収入印紙800円
連絡用の郵便切手
(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。)

※事案によっては,このほかの資料の提出を求められることがあります。

► 単純承認

► 限定承認

► 相続放棄

Copyright© 2003~2012 辻行政書士事務所 All Rights Reserved.