内容証明郵便

■ 内容証明郵便とは
実は、普通の手紙と変わらないのですが、「誰が、いつ、どんな内容の手紙を、誰宛てに送ったのか」ということを郵便局(郵便事業株式会社)が、確実に証明してくれる点で、普通の手紙(郵便)とは大きく違います。

内容証明郵便自体に、特別な法的効力があるのではありません。

■ 内容証明郵便(配達証明つき)のメリット
心理的な圧迫による強制力の期待
確定日付

■ 内容証明郵便(配達証明つき)のデメリット
敵対心をおこさせる


必ず、配達した年月日を証明してくれる「配達証明」を一緒に利用します。

後日、封筒記載住所(送付者の住所)に配達日の記載が書いてある葉書が届きますので、内容証明1通と届いた葉書をセットで保管しておいてください。


■ 内容証明郵便を利用した方が良い場合
クーリングオフ 時効援用
相殺の意思表示 時効停止のための請求
債権譲渡 供託の通知
遺留分減殺請求 等々


■ 内容証明郵便の書き方
字数・行数 26行以内・1行は20文字以内
用紙 どんな用紙でもかまいません。
部数 同じものを3部
使える文字 漢字・仮名・数字・括弧・句読点・一般的な記号
年月日・住所・氏名 作成年月日、差出人住所・氏名、受取人住所・氏名
押印 差出人氏名の下に、押印します。
封筒 本文で書いた受取人の住所氏名と同じ
(封はしないでください)

■ 内容証明郵便の出し方・費用
内容証明郵便の出し方
取扱郵便局 集配局と、地方郵便局長が指定した郵便局
窓口 必ず配達証明付の旨を伝える。
持っていくモノ 内容証明の文章(3部)
封筒(受取人の住所氏名記載)
印鑑(内容証明に押印した印鑑)
内容証明料金
内容証明郵便の費用
通常郵便物代 80円
内容証明料 420円
(2枚目以降は250円)
書留料 420円
配達証明料金 300円

辻行政書士事務所は、法人設立、許認可申請、権利義務・事実証明に関する書類の作成及び提出代行をサポートしております。
当サイトが提供するコンテンツ(情報等)に関しては万全を期してはおりますが、 その内容の全てをを保証するものではありません。

万が一これらの内容を、各人の判断で使用したことにより損害を被った場合には、当事務所では一切責任を負いません。

Copyright© 2003~2012 辻行政書士事務所 All Rights Reserved.