産業廃棄物収集運搬業

産業廃棄物収集運搬業(兵庫県)


産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物の処理業を行なうには、事業の目的にあった許可を取得する必要があります。

産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を含む。)の収集・運搬を業として行おうとする者は,業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事(政令市は市長)産業廃棄物(特別管理産業廃棄物)収集運搬業の許可が必要です。

また、政令市又は県外において,産業廃棄物収集運搬業を行おうとする場合は,政令市又は関係県の許可も併せて受ける必要があります。
(産業廃棄物の積卸し場所つきそれぞれに,その場所を管轄する都道府県知事(保健所政令市は市長)の許可が必要となります。)

保健所政令都市・・・政令指定都市、中核市、その他地域保健法施行令により個別に指定された市が保健所設置市とされています。
兵庫県下の保健所政令都市
神戸市 姫路市 尼崎市 西宮市

許可の要件

産業廃棄物処理業許可取得のための講習会

【法人の場合】
代表者もしくは産業廃棄物の処理に関する業務を行う役員又は業を行おうとする区域に存する事業場の代表者が、講習会を修了していることが必要です。

【個人の場合】
本人又は業を行おうとする区域に存する事業場の代表者が、講習会を修了していることが必要です。

講習会・・・社団法人兵庫県産業廃棄物協会

経理的基礎


申請者は産業廃棄物の収集又は運搬を的確に、かつ、継続して行うに足りる経理的基礎を有することが必要とされています。

判断基準として
○ 利益が計上できていること
○ 債務超過の状態でないこと
○ 納税していること

等があげられていますが、事前に窓口でご確認下さい。

事業計画


事業計画に従って事業が実施されることを前提としているため、その内容が適法であり、業務量に応じた施設や人員などを整えておくことが必要になります。

【排出元】
排出事業者から発生した産業廃棄物の種類や性状を把握しておくこと。
【運搬量】【運搬方法】
取扱う産業廃棄物の性状に応じて、収集運搬基準を遵守するために必要な施設(車両、運搬容器等)の確保をしておくこと。
業務量に応じた、収集運搬の用に供する施設能力を有すること。
適切な業務遂行体制が確保されていること。
【運搬先】
搬入先の処理方法が、取り扱う産業廃棄物を適正に処理できること。

欠格要件

申請者(法人の役員、株主又は出資者、政令で定める使用人も対象)が下記(一例)に該当しないことが必要です。

○ 成年被後見人・被保佐人・破産者で復権を得ない者
○ 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
○ 法人で暴力団員などがその事業活動を支配するもの
等々

必要な設備


申請者が次の基準に従って、必要な施設(運搬車・運搬容器等)を有する必要があり、また継続して施設の使用の権原を有している必要があります。

許可の有効期限

産業廃棄物処理業の許可の有効期限は5年です。

現に受けている登録の有効期限が満了する日の30日前までに登録の更新を申請して下さい。

Copyright© 2003~2012 辻行政書士事務所 All Rights Reserved.