電気工事業者登録

電気工事業者の登録
電気工事業者は、施工する電気工事の種類や建設業の許可を受けた建設業者であるかどうかにより、次の4種類の事業者に分類されます。

電気工事業者の種類 電気工事の種類 建設業許可
登録電気工事業者 一般用電気工作物のみ又は 一般用・自家用電気工作物 なし
みなし登録電気工事業者 あり
通知電気工事業者 自家用電気工作物のみ なし
みなし通知電気工事業者 あり

主任電気工事士

電気工事業法では、一般用電気工作物に係る電気工事の業務を行う営業所ごとに、一般用電気工事の作業を管理させるため、
① 第一種電気工事士を、主任電気工事士
又は ② 第二種電気工事士免状の交付を受けた後電気工事に関し、3年以上の実務の経験を有する第二種電気工事士として置かなければならない
と規定しています。

電気工事業者の義務

○ 主任電気工事士を設置する必要があります。

○ 営業所ごとに測定器具(回路計、絶縁抵抗計、接地抵抗計等)を備付ける必要があります。

○ 営業所及び電気工事施工場所ごとに、電気工事業者であることの標識を掲げる必要があります。

○ 電気用品安全法に定める所定の表示が付されている電気用品でなければ電気工事に使用する必要があります。

○ 電気工事の従事制限が定められています。
・請け負った電気工事を、当該電気工事に係る電気工事業を営む電気工事業者でない者に請け負わせてはなりません。
・第一種電気工事士でない者を自家用電気工事の作業に従事させてはなりません。
・第一種電気工事士又は第二種電気工事士でない者を一般用電気工事の作業に従事させてはなりません。
・特種電気工事資格者でない者を特殊電気工事の作業に従事させてはなりません。
・認定電気工事従事者でない者を、自家用電気工作物の簡易な電気工事に従事させて はなりません。

登録の有効期限

電気工事業の登録の有効期間は5年です。

登録証下段に記載の日までに、更新の手続きをして下さい。

Copyright© 2003~2012 辻行政書士事務所 All Rights Reserved.